ライスビギン 乾燥

乾燥の改善にはどうしたらいいの?

肌悩みには様々なものがありますが、その多くの原因は乾燥です。乾燥すると小ジワが増えたり、毛穴が目立ってきたり、ハリ不足・くすみ・カサカサするなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

乾燥した肌は、水分はもちろん皮脂まで不足しています。そのため、皮脂が比較的少ない肘や膝や足の裏、顔では口元・目の周り・頬などが乾燥しやすい部位になります。

 

ヒトは、皮膚の一番外側の角質層が内部の水分が蒸発するのを防いでいます。また、外部刺激からも守ってくれています。これをバリア機能と言います。

 

バリア機能が健全に働いている角質層であれば、外部刺激から肌を守るため、皮膚内部の水分や脂質が失われるのを予防でき、みずみずしい肌を保てます。よって、バリア機能の正常化が乾燥対策には重要です。

 

しかし、何らかの原因でバリア機能が低下してしまいます。では、どのような理由でバリア機能が低下してしまうのでしょうか?それが分かれば乾燥対策に繋がります。

 

 

【肌のバリア機能が低下する原因】

 

年齢を重ねることで起こる皮脂分泌量の低下

加齢によって、肌に潤いとハリをもたらすセラミドの生成量が減少します。セラミドを外側から補うことも良いですが、もっと有効なのはセラミド生成能をアップすることです。

 

皮膚のターンオーバーの乱れ

年齢・生活習慣・ストレスなどが原因で、肌のターンオーバーは乱れやすくなります。栄養のバランスのとれた食生活や、夜更しをせず睡眠を充分とること、なるべくストレスを溜め込まないなどを心がけると良いでしょう。

 

誤ったスキンケア

刺激が強すぎるスキンケア剤を使用したり、クレンジングをゴシゴシ使ったり、熱すぎるお湯で洗顔したりなどで角質層を傷めてしますと、バリア機能は低下してしまいます。

 

紫外線の影響

紫外線は皮膚にダメージを与え、過度になると日焼けを起こしたり水分を奪ったりします。更に、シミやシワの原因にもなると言われています。

 

 

肌の乾燥を改善するには、乾燥の原因を改めることが大切です。それに加え正しい保湿も重要になります。

 

もちろん、肌表面を潤すのも大事ですが、それでは一時しのぎになりかねません。一般的な化粧品のほとんどは、肌表面のみを潤すだけです。

 

ヒトが元々持っている潤う力を高めることが、結局乾燥を改善する近道になると言えるでしょう。

 

そんなことができるのでしょうか?今、ある成分が注目されています。肌に潤いをもたらすセラミドの生成を高める成分、ライスパワーNo.11です。

 

ライスパワーNo.11は、世界で唯一皮膚水分保持能の改善が認められた有効成分です。乾燥の原因を避け、かつ、ライスビギンでのケアが乾燥の改善にはおすすめです。

 

 

>>【ライスビギン】実質81%OFF・全額返金保証付きキャンペーンはこちら