ライスビギン シミ

ライスビギンでシミが薄くなるの?

様々な肌トラブルがありますが、結構悩んでいる方が多いものの一つがシミです。さて、肌質を変え乾燥を改善するライスビギンは、シミに効果が期待できるのでしょうか?

 

シミと一言で言ってもいくつかの種類に分かれるようです。まずシミにはどんな種類があるのか整理してみましょう。

 

 

シミの種類

 

肝斑

30歳代に多く見られ、まず頬骨の付近に薄いシミができ、その後頬から目の周りに三日月状に広がります。症状が進むと鼻の下までシミが生じます。シミが左右対称で茶色いのが特徴的です。

 

ソバカス(雀卵斑)

思春期に目立ちますが子供の頃から発症する場合も少なくありません。季節によって目立つ時季があり、春から初夏にかけて色が濃くなる傾向があります。左右対称で粒様の茶色いシミで目の下から頬にかけて生じます。

 

老人性色素斑

境界が明瞭で茶色から濃い茶色のシミ。左右非対称で円形のものが多い。

 

炎症後色素沈着

かつて炎症を受けた箇所に生じるシミ。日焼け・やけど・怪我・にきびなど。境界が不明瞭で色にムラがあるのが特徴。

 

その他

 

 

シミを改善するには、メラニン色素に生成を抑制することが大切です。しかし、ライスビギンには直接メラニンの生成を抑えるような成分は含まれていないようです。

 

ですが、シミを改善するのには他にも重要な要素があり、保湿をし血行促進し肌のバリア機能を高めることです。

 

ライスビギンの有効成分であるライスパワーNo.11は、肌にハリと潤いを与えるセラミドの生成を増やす働きがあり保湿効果が期待できます。このことにより乾燥を改善し肌のバリア機能を高めます。

 

また、酢酸DL-α-トコフェロールは血行を促進して、肌あれを防ぎお肌を整える作用があり、シミに効果が期待できる成分になります。

 

加齢によるシミにお悩みの方が、ライスビギンを使用して2〜3ヶ月で、シミが薄くなったという口コミも見られます。

 

ライスビギンはシミ改善に特化したオールインワンではありませんが、乾燥が原因でシミになったという場合は、保湿効果や抗炎症作用が効果的だと考えられます。

 

肌のバリア機能を高めるので、これからできるであろうシミの対策のためにも、シミにも乾燥にもお悩みの方は、ライスビギンを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>【ライスビギン】実質81%OFF・全額返金保証付きキャンペーンはこちら