ライスビギン 全成分

ライスビギンの全成分公開

ライスビギン オールインワン エマルジョンNo.11は、乾燥を改善し自ら潤う肌に導く医薬部外品です。

 

ライスビギンには、乾燥を改善する効果がある有効成分としてライスパワーNo.11が配合されています。また、もう一つの有効成分として、血行を促進し肌荒れを防ぐ効果や抗酸化作用のある、酢酸DL-α-トコフェロールが配合されています。

 

特に、ライスパワーNo.11は肌に潤いやハリをもたらす、ヒトが元々作り出している成分、セラミドを生成する力を高めるという効果に注目されています。つまり、従来の化粧品のように肌表面だけを潤すのではなく、肌自ら潤うように導くのです。

 

他にどんな成分が含まれているのでしょうか。全成分をまとめてみました。

 

 

ライスビギンの全成分

※公式サイトから引用

 

有効成分

ライスパワーNo.11、酢酸DL-α-トコフェロール

 

その他の成分

水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、オリーブ油、ジプロピレングリコール、植物性スクワラン、ベヘニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ホホバ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、バチルアルコール、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、ステアリルアルコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ソルビトール発酵多糖液、ポリエチレングリコール6000、加水分解ヒアルロン酸、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カミツレ油(2)、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

 

 

ライスビギンの二大有効成分の効果は上記の通りですが、全成分の内その他の成分の主なものについて詳しく見てみましょう。

 

 

濃グリセリン

一般的な化粧品に多く使用されている成分で、保湿効果に優れ安全性も高い。

 

水素添加大豆リン脂質

刺激を緩和する作用があるため、乾燥肌や敏感肌用の化粧品に配合されることが多い。

 

加水分解ヒアルロン酸

高い保湿効果があります。加水分解でない従来のヒアルロン酸より肌への浸透が良い点が特長です。

 

カルボキシビニルポリマー

テクスチャー調整に使われることが多い。洗顔料や化粧水や保湿クリームに多用されている。

 

 

ライスビギンの全成分は結構多く、特に保湿効果の高い成分が配合されているようです。二大有効成分のライスパワーNo.11を配合しているオールインワンは今現在、ライスビギンだけです。

 

 

>>【ライスビギン】実質81%OFF・全額返金保証付きキャンペーンはこちら